世界の国の情報

世界各国で使われているアルファベット表記による記号、識別子等に関する情報。

カントリーコード一覧

国際規格ISO 3166-1によるラテン文字2文字(alpha-2)、ラテン文字3文字(alpha-3)、3桁の数字(numeric)が使われています。 IOC(国際オリンピック委員会)やFIFA(国際サッカー連盟)では独自のコードが使われている場合があり、それらも併記しています。

インターネットで使われるドメイン(ccTLD)は基本的に ISO 3166-1 2文字のものと同じです。 例外としてイギリスは .gb と .uk があり、.uk が一般的です。

通貨コード一覧

世界各国の通貨の名称をアルファベット(ラテン文字)3文字で表記したものが ISO 4217 にて定められています。 例えば、日本円は JPY、アメリカドルは USD と書きます。

電源電圧とプラグ形状一覧

世界各国の家庭用電源コンセントは、日本と異なり同じ国でも地域によって電圧やプラグタイプが異なる場合があります。 そのため該当するものを複数掲載しています。

また、プラグタイプは日本の家電メーカーによる分類と国際電気標準会議(IEC)による分類とで表記が異なるものもあります。 具体的には日本 → IEC の順に記すと、A(A-2) → Type A、C(C-2) → Type C、O → Type I、BF → Type G、B-3 → Type D or M に相当するようです。

コンセントの穴が3つある場合、基本的に3つ目の穴は接地極(アース)で、接地が必要なければ基本的に2本ピンのプラグを挿して使えます。 また、海外で日本の電化製品を使う際、電圧が日本と異なる場合、幅広い電圧に対応した海外対応の製品を使うか、変圧器が必要になります。

仕様

  • データはなるべく新しいものを使用していますが、変更されている場合もあります。
  • 地図はGoogleのAPIを使って表示していますが、国の位置を正しく表示していない場合があるかもしれません。 一応サイト作成時に地図を確認しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ