世界の国の情報

世界各国のアルファベット表記によるコードなどの情報。

国名コード一覧

国際規格ISO 3166-1によるラテン文字2文字(alpha-2)、ラテン文字3文字(alpha-3)、3桁の数字(numeric)が使われています。 オリンピックやサッカーでは独自のコードが使われている場合があり、IOC(国際オリンピック委員会)とFIFA(国際サッカー連盟)のものも併記しています。 IOCやFIFAのコードがない場合もあります。

インターネットで使われるccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)は基本的に ISO 3166-1 2文字のものと同じです。 例外としてイギリスは .gb と .uk があり、.uk が一般的です。

通貨コード一覧

世界各国の通貨の名称をアルファベット(ラテン文字)3文字で表記したものが国際規格 ISO 4217 にて定められています。 例えば、日本円のコードは JPY、アメリカドルは USD と書きます。

コンセント・電圧一覧

海外では同じ国でも地域によって電圧やプラグタイプ(形状)が異なる場合があり、複数記しています。

また、プラグタイプ(形状)は日本の家電メーカーによる分類と国際電気標準会議(IEC)による分類とで表記が異なるものもあります。 具体的には日本 → IEC の順に記すと、A(A-2) → Type A、C(C-2) → Type C、O → Type I、BF → Type G、B-3 → Type D or M に相当するようです。

コンセントの穴が3つある場合、基本的に3つ目の穴は接地極(アース)で、接地が必要なければ基本的に2本ピンのプラグを挿して使えます。 また、海外で日本の電化製品を使う際、電圧が日本と異なる場合、幅広い電圧に対応した海外対応の製品を使うか、変圧器が必要になります。

仕様

  • なるべく新しい情報を使用していますが、変更されている場合があるかもしれません。
  • 地図はGoogleのAPIを使用して表示していますが、国の場所を正しく表示していない場合があるかもしれません。