ドコモの絵文字変換

変換したい絵文字入り文章

携帯電話会社

説明

  • 本ツールは、ドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの独自の絵文字をiOS(iPhone)やAndroidスマホで標準のUnicodeの絵文字に変換するツールです。 フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)時代の携帯電話会社(キャリア)独自の絵文字が対象となります。
  • 昔のキャリア独自の絵文字は、パソコンなどでは黒丸(・)や四角(□)などで表示され、通常表示されません。 ガラケーのメールなどをパソコンに保存しているが、絵文字が何を意味するのか分からず、それを確認したい場合などに本ツールをご利用下さい。 スマホが普及する前にガラケーを使っていた人向けのツールです。
  • テキストエリアに絵文字を入力します。 絵文字が複数あってもOKで、絵文字以外の文字が混ざっていてもOKです。 絵文字はバイナリコードの状態のものを入力して下さい。  など数値文字参照は変換対象ではありませんが、1回目の変換でテキストエリアの絵文字がバイナリコードになり、それをさらに変換するとUnicodeの絵文字に変換できます(つまり[変換]ボタンを2回押します)。 また、バイナリコードも数値文字参照もUnicodeのもののみ変換できます。
  • 「携帯電話会社」のプルダウンメニューは、使用している絵文字の携帯電話会社を選択して下さい。 3キャリアの絵文字の仕様が異なるので、正しく選択しないと変換できません。
  • ドコモの絵文字の入力例:「グッジョブ」
    au(KDDI)の絵文字の入力例:「おやすみ」
    ソフトバンクの絵文字の入力例:「ごめんなさい」
  • iアプリなど、Unicodeに存在しない特殊な絵文字は変換されません。
  • Unicodeの絵文字はOSやブラウザなど閲覧環境によってデザインが異なりますが、本ツールはTwitter社のAPIを使用し、Twitter社が提供している絵文字を表示しています。 そのため、基本的にどの閲覧環境でも同じデザインの絵文字が表示されます。 念のため、なるべく最新のOSとブラウザ(Chrome、Firefox、Safariあたり)の使用を推奨します。